海の世界☆ダイビング|安全にダイビングする為に気を付けないといけない事について

安全にダイビングする為に気を付けないといけない事について

安全にダイビングする時に気を付けないといけない事として、器材の点検があげられ、機材に欠陥があれば、水中に潜っている時などに、呼吸ができない場合もあります。
また、ウエットスーツなどに破れがあると、そこから冷水が入って来るようになり、体の体温が低下してとても危険になります。
潜る当日の体の調子もとても大事になってきます。
潜っている時に、体の調子が急に悪くなると、命にかかわる事もあります。
また、天候も注意しないといけないです。
台風が来ているのに、海中に潜ると、とても危ない目に会う事も多いです。
それに、海上の交通を考えて、潜水しないといけないです。
潜っている時に、海面をモーターボートが行き来するような場所では、潜らない方が良いです。
モーターボートのスクリューに巻き込まれる恐れがあるからです。
そして、潜る地域によっては、鮫が出る場合もありますので、十分に情報収集をしてから潜るようにしないといけないです。

初心者ダイビングの安全はベテランやインストラクターの同行から

初心者ダイバーが安全にダイビングを行いたい時は、かならずベテランあるいはロッジの熟練インストラクターと行動を共にする事が大切です。
しばらく経験を積み慣れていないと、ちょっとしたミスやトラブルから気が動転し、本来取るべき行動も取れなくなってしまうものです。
特にパニックに陥り易い水中ではそのリスクが非常に高く、初心者、あるいは初心者同士のグループでのダイビングは危険が高く、控えるべきなのです。
ダイビングならではのダイナミックな水中風景を眺めるにはそれ相応のリスクを払っているという事を肝に命じるべきでしょう。
そうした素晴らしい風景に最短距離かつ安全に出会いたいのであれば、やはり初心者向け専門ツアーへの参加は欠かせません。
日本各地、あるいは海外のマリンスポットでは、必ずと言っていい程周年に渡ってこうしたツアーを行っており、無理無く参加出来るものです。
地元の海を知り尽くしているベテランダイバーやインストラクターが同行してくれるのなら、心から安心出来るものです。

check

川崎の宝石買取
http://hoseki-kaitori.jp/

2017/4/13 更新